手作り袴をラッピングしました。
00c849d3


袴のしまい方も書籍にしっかり載っていまして、

まずはアイロンをかけて・・・ 縫い残しに気づく・・・(あとから継ぎ足したヒモの先があいていました・・)
fd79da86


袴の閉じ方はこんな感じです
DSC_3748

中央 ヒモを合わせて両サイド と、
本来は絹のヒモでとめるそうです。無かったのでフジックスのファインで。
長期閉じるのであれば、色落ちとか 穴で傷がつかないようにと思いました。

うちの子の中学の制服の箱がちょうど良かったので再利用
DSC_3749




住所のシールを剥がしたり入学用のカードをプリントして・・・
0b6164bd


入学式のカードは
プリンターのサイトから
無料でプリントできます。

着物もかなり工夫をしないと入らない・・・
DSC_3751


他に、姉妹のワンピースやマスクや 着付けのコピー色々。
DSC_3753

入学おめでとうカードを上に添えて
00c849d3

普段はラッピングをしないのですが、今回はラッピングをしました。
画像無し

と言った感じで今回のプレゼントは全て終了

ところで、きもののヤマトさんで半襦袢につかえる半襟を買いました。
成人用なのでうまく使えるかわからないのですが、かわいいので。
DSC_3745
当てるとわかるのですが、花のくる位置が大人と子供で異なるので。

以前購入の木のうさぎさんはこんな感じで使ってもらう予定
DSC_3746

今回のプレゼントは サプライズで 何を作るかも言わなかったのですが、
どうやら当日 着る気があるようで 良かったです。

でも着付けがわからないらしいので後日訪問する予定。

ワンピース
PSX_20210129_014928
きもの
PSX_20210125_222638


PSX_20210124_225314

衣装箱


たとう紙



私の着物は、普通のコットンだし、上等な物では無いので、
普通にたたんで収納しておけば大丈夫なのですが、
せっかく作ったのであれば、きれいめな袋で送ってあげた方がお互いに良いかも知れません。

今回でとりあえず新1年生への記事は終わりなのですが、
袴についてはかなりノートをまとめたので、
忘れないうちに公開出来ればなぁと思います。

もしも、袴を作るのであれば、
新きもの作り方全書
大塚 末子
文化出版局
1972-04-01

大塚さんの、新きもの作り方全書がオススメで、
男用は、股があるタイプなので、子供には不向きで
女の子用であれば、婦人用を子供にサイズを直して計算すればちゃんと作れます。
ただし、袴についての構造を知らないと意味不明かも知れない。
ちなみに、男の子と女の子の袴が違い、
女の子はリボン 男の子は十字に結び、脇や背中部分もだいぶ変わってしまうので兼用は
お遊びでない限りはやめた方が良いと思います。
男の子もしっかりした着物であれば、袴無しでもOKだと思いますけどね。
無地着物に、おしゃれな色をどこかに合わせて。

過去の袴記事