滅多に作らないのですが、
プリーツマスクで柄マスクです。(右)
DSC_3713


今回の記事は
プリーツマスクと立体マスクを比較と生地の進化について
アンチ布マスクがいるので・・・ の記事です。

プリーツマスク(実用的)
会話にオススメで、会話をしても下がってこない
サイズが大きいほど、鼻からあごまですっぽり隠れる。
一時ワイヤーの話が出たが、手作りマスクはワイヤーが無くても顔に合う。
不織布シートを入れるのであれば、上か下に8センチほどの穴を作り、間に挟むことが出来る
柄は、プリーツで隠れてしまうので、大きなデザインは不向きで、無地や総柄に適しています。
生地の量は、片面18センチ×18もしくは26センチほどあれば可能で、裏は18センチ×18センチほどあれば完成します。直線縫いのみ。プリーツを縫うときはちょっと大変。要アイロン。
たたむときは立体マスクのように半分にたためます。↓プリーツマスク
DSC_3848



立体マスク(デザイン的)
会話をするとたいてい鼻が出てしまう。そのため何度もマスクを触ることになってしまう
会話をしないショッピングなどはオススメ。
デザインをマスクの型紙に合わせて選べるので、見栄えが良い
無地はちょっと地味になってしまう。
不織布を入れる場合、脇にポケットをつけることになるので若干作るのが面倒くさい。
ポケットを気にしないのであれば、簡単に作れる。
手縫いで作ると柔らかい感じになるので、手縫いがオススメ。縫う量は実は少ない。
ミシンはカーブを縫うので慎重に。
生地はデザインに合わせる事・縫い代で多い分量を使ってしまう。
d20c3503
↑ハワイアンキルトのマスク


といった感じに、プリーツと立体では一見同じに感じでもかなり異なります。
※市販の不織布マスクと、立体ウレタンマスクとは使い勝手が違います。

個人的には仕事や学校はプリーツ。それ以外で立体を作るのが良いかと思います。

ちなみに、洗濯は、洗濯機に放り込めばOK。ガラガラ回した方がきれいです。
ハイターなどを使う必要は無く、ハイターは臭いし色があせるのでオススメできません。

学校などでは、昼休みに取り替えて、なるべく多く取り替えます。
↑ニキビなどの雑菌 外部からの雑菌などから守るため。


この最近不織布ブームになっているのですが、
布マスクの生地は進化をしていて、正直安物不織布マスクよりずっと優れています。
それでも気になるのであれば、不織布シートをマスクの内側にポケットを作り挟んだり、
顔とマスクの間に挟むのも流行っているそうです。
シートは手芸ショップや無印良品にも置いてあります。
DSC_3798
↑ポケットを作っておく
病院ではすぐに処分できるので市販の不織布マスクが良いと思います。


マスク生地の進化について
夏場は涼しい素材が流行りましたが、今は、クレンゼなど抗菌生地が売っています。
両面でもよいし、裏面だけの使用でもいいと思います。
( マスク生地 ) クレンゼ T/C ブロード 【 手芸 手作り マスク 】【 商用利用可 】
( マスク生地 ) クレンゼ T/C ブロード 【 手芸 手作り マスク 】【 商用利用可 】
抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE(R)/クレンゼ(R)」は、 固定化抗菌成分「Etak(R)/イータック」を活用し、繊維表面に 強力に固定化する加工技術です。病院のベッドシーツや白衣、食品工場着、キッズ衣類などにも活用されています。 安心・安全さらに快適な暮らしをサポートします。
家庭洗濯50回後でも効果があることを確認しておりますのでマスク・衣類・ハンカチ等、日常で使用される身の回りのものにおススメの素材です。
※抗菌・抗ウイルス加工は病気の予防や治療を目的とするものではありません。
※抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。
※抗菌性、抗ウイルス性の評価に関しましては、倉敷紡績(株)の独自評価によるものです。
抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE/クレンゼ」は倉敷紡績(株)の登録商標です。


シート(挟んで使用)
究極のヤマシン・フィルタシート 洗って繰り返し使える不織布シート レギュラーサイズ 10枚入 取替シートマスク 取替シート 不織布シート フィルタ フィルタシート 衛生用品 消耗品 かぜ ホコリ 花粉 ナノフィルタ 洗える 日本製 【2個までメール便1配送】
究極のヤマシン・フィルタシート 洗って繰り返し使える不織布シート レギュラーサイズ 10枚入 取替シートマスク日本製 【2個までメール便1配送】

シートお手頃価格
マスクシート 取り替えシート 日本製 国産 100枚入り 使い捨て 不織布フィルター インナーシート とりかえシート 2個のご注文でメール便なら送料無料・ゆうメール★注・マスクは付属しません。
マスクシート 取り替えシート 日本製 国産 100枚入り 使い捨て 不織布フィルター インナーシート 2個のご注文でメール便なら送料無料・ゆうメール


いまだに、アンチ布マスク派がけっこういまして、
見ていればわかるけど、手作りが嫌いな(手作りに共感しない)人ほど布マスクの欠点をあげて文句を言う。
別に作れと言っているわけでも無いし、使い捨てマスクを批判しているわけでも無いのにだ。
そういう人が絡んでくると本当にうっとーしいのだが、
「そういうマスクって駄目なんだよ~」とか
「手作りって自慢みたいだよね~」
とか・・・ 
あえて反論もせず
「使い捨てはゴミになるから」と流していますが、
そういう人がネットで不織布がいいとか拡散するんだろうなと。

でも、不織布も完璧じゃ無く、
ヨーロッパは「不織布ではなく医療用マスクを使用して!」と言っているわけで、
どんぐりの背比べのような、マスク論議も日本くらいであると思う
(不織布VS布VSウレタン 医療用マスクは出てこない)
不織布のマスクゴミの方がかなり汚染されていると思うけど・・・


中国が日本は不織布じゃないから感染が広がったといったそうで、
中国の不織布マスクは不良品で返品されている位なんだから。
(こういう記事も布やウレタンに拍車がかかり。。記事にした人もアンチかと思われる)


お風呂に入らないような国は、着替えもせず衛生上汚く、
マスクも毎日使い回して、重ねてもいない布地をつけている。

マスクをしている人からの飛沫でクラスターが発生しているわけではないので、
日本でそこまで不織布マスクにこだわらなくてもと思うのですが、
いちいちうるさい人がいますからね。

なので、アンチ布マスクの人にあれこれ言われるのが面倒なので
不織布シートも取り入れていいと最近思います。
DSC_3796

医療用以外の3種をわざわざテレビで比較した専門家?は責任を取るべきだとさえ思う。
会社とかいちいち便乗しないで欲しいです・・・
不織布と指定するなら支給すればいいのに。

ついでにいうと、アベノマスクは、厚手すぎなので、かなりウイルスを防御できます。
大きさが欠点ですけど・・。

★カテゴリ★



ハンドメイドブログにアクセス! 
クリックで応援をよろしくお願いします!
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

日本ブログ村


人気ブログランキング
 ブログ王
ランキングに
参加中!