着物と袴が一通り完成したのですが、
女の子の衣装には色々飾りがあります。
今回は伊達襟を作ります。
DSC_3384

衿の種類が多く、ややこしいのでここでざっくり説明すると(と言っても私も最近知った)
伊達襟とは、重ね衿とも言って、着物の内側につけます。
※かけえりは、着物自体に縫い付ける衿で、伊達襟では無いようです。
DSC_3481
七五三も、卒業の袴も振り袖もついているのですが、
なぜか手持ちの本には説明がないので、自作です。
ざっくりな作り方です。

すでに、着物の内側として、使用している生地があり、それを伊達襟に使うことにしました。

色々なサイトを見て、
子供用は幅が4センチ・長さが75センチ位なのでそれに合わせて作ろうと思います。
DSC_3383
はちまきと同じように作ります。私はアイロンで筋をつけてから手縫いです。

あとから思ったのは、薄い芯地をつけた方が良かったと思います。

伊達襟は、本来はクリップでとめるなど、縫い付ける物ではないそうで、
でも、子供用なので、縫い付けます。
DSC_3385
↑真ん中中心と 左右5センチほどの3カ所に取り付けるそうなのですが、
先の方も数カ所縫ってとめました。

後ろ側は伊達襟が見えないようにするらしく、
胸元は1センチ未満ほど見える方が良いらしい。
※この辺は、ちゃんと調べてくださいね。
DSC_3386

着物は書籍通りにきちんと作れているんです。私にしては珍しく。。
でも、本当にこれが着られるのかがいまだに疑問。
DSC_3387
↑腰紐ってこんなに上でいいのか?って思うし・・・・
でも、着物ってどうにかこうにか着られてしまう物なのでどうにかなるかな?

襟元と 袖元です。わざと今時な生地にしています。
実はこれは同じ日に妹が多分入学式に行くので、この生地でワンピースを作るのですね。
DSC_3389


そして次は第2の衿 半襟はんえりです。

過去の記事




↓私が使用している生地はコチラです。