形が出来たら、裾を縫い、次に脇を縫います。
PSX_20210115_010812

裾は 両端の 脇幅 の真ん中辺りまで縫い、
脇を縫ったあとに、すその残りを縫います。

脇は、表裏の生地を合わせてから
伏せ縫い(折り伏せ縫いではない) をするのですが、 これであっているのか?と言う感じです。
表に縫い目出ているので。。。
※伏せ縫いは丈夫にする物で、生地の端を縫うと思います。
↑では、1センチくらい開けていてのちにその部分を内側に入れてほつれないようにしています。


新きもの作り方全書
大塚 末子
文化出版局
1972-04-01






着物書籍は作る本と、着付けの本と、見るだけの本があるのでご注意

ミシンで着物 綿・麻・ゆかた
やまもとゆみ
グラフィック社
2008-06-05




ハンドメイドブログにアクセス! 
クリックで応援をよろしくお願いします!
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

日本ブログ村


人気ブログランキング
 ブログ王
ランキングに
参加中!